KyotoLOCOは、国内最大級のメッセンジャー(以下MSGR)イベントの一つで、国内外問わず多くのMSGRから支持を集めています。
一言で言うなら、「メッセンジャーの、メッセンジャーによる、メッセンジャーのための祭典」です。
今回は3年振りの開催ということで、期待に胸躍らせて全国各都市から海外のMSGRまで数多くの参加があり、2日間京都大学西部講堂は、多種多様な自転車とMSGRに加え多くのギャラリーに囲まれ大変賑わっていました。

イベントは、普段のデリバリーを模倣したメインレース(個人戦)・ディスパッチレース(団体戦)の他に、スタンディング・ミニバイクレース・ゴールドスプリント等…、様々な競技で日頃のスキルを競い合い勝者を決します。

HOME > ARTICLE > Kyoto LOCO 2008

競技の他に物販ブースの出店もあり、メッセンジャーバッグ(bagjack・RESISTANT・CRANK等)やMSGR関連商品、Courio- City(横浜のMSGR会社)、TKBMA(東京バイシクルメッセンジャーアソシエーションの略)やKyotoLOCOオリジナルグッズの販売などな ど、昨今の自転車ブームの影響もあってか特に一般客が多かったようです。

各競技表彰の最後に、長年日本のMSGR業界へ多大な貢献をした人へ送る「メッセンジャー殿堂」の栄冠を戴いたのは、HEADSのボスYanakenでした。

KyotoLOCOのイベント内容や風景、メッセンジャーの雰囲気をもっと知りたい方には、 MSGR-Horic vol,1 KyotoLOCOがお薦めです(2004年のKyotoLOCOがDVD化されたもの)。