イギリス・フランス・ベルギー・カナダ・アメリカ・メキシコ・コロンビアなどの世界中の都市で開催され、世界中のトラックバイク愛好家たちを熱狂させたREDBULL MINI DROMEが、ついに2012 年11/23(祝)に日本で初開催されました。誰も経験したことない戦いがそこにはありました。

そもそも、REDBULL MINI DROMEとは何か?
通常1周250mの自転車競技用トラックですが、MINI DROME専用トラックは、通常の1/10サイズの1周25m×10周=250m。そして最大傾斜は42℃という超トリッキーな極小トラックです。
参加車種は、固定ギア(ピスト)で26インチ以上の自転車。勿論、トラック内はブレーキは装着出来ないので、ノーブレーキということになります。

生憎の雨の中、会場に到着するなり参加ライダー達が自転車をいじっています。メンテナンスを直前でしているわけではなく、車検に合格した上でエントリーが確定する為、道交法に則った自転車からMINI DROME仕様の自転車にする為、ブレーキを取り外します。このトリッキーな狭小トラックでは、ブレーキがないことが非常にレースをエキサイティングにしました。

HOME > ARTICLE > Redbull MINI DROME

エントリーライダーは、100名。招待選手は、REDBULLのライダーで、世界最速メッセンジャーの呼び声も高いNYCのメッセンジャーAustin Horse。そして、我らがCourio-Cityからは10名がエントリー。決勝に進めるのは32名のみ。過去この大会を経験したことがあるのは、Austin Horse1名のみ。皆、未知のコースをどう攻略するかイメージし、予選スタートを待ちます。メッセンジャー・トリックライダー・BMX・MTB・ロードレーサーなど普段はフィールドが違うライダー達がこの小さな小さなトラックで競います。

先ずは、予選100名のタイムトライアル。6周練習をした後に、10周250mのタイムアタック。6周でいかにコツを掴むかが鍵になってきます。ピストのトリック系ライダーとBMXライダーの適応力が非常に高く、好タイムを連発していました。タイトなコーナーを曲がりきれずにコースアウトしたり、スリップしたり、派手なクラッシュも多く、観客も次第にヒートアップしていきます。唯一の招待選手のAustin Horseは驚異的なスピードで周回するもコースアウトで残念ながら予選敗退。Courio-City勢は、50-70番目の出走。パパス、ワンチャポ、次長、JAG、バニヲ、野山羊、北極、ちかっぱ、おやつ、ステムの10名。今大会1,2を争うワンチャポ・おやつの派手なクラッシュもありながらも、JAG・野山羊・ちかっぱが見事決勝進出!メッセンジャー勢は、全体的に苦戦している印象でした。

32名のライダーが出揃った決勝トーナメントは、1対1のパシュート形式。10周を先にゴールするか、追いついたり、コースアウトや転倒で勝負が決するので、予選にも増して緊張感が高まります。MC・DJの盛り上げと共に満員の観客もどんどんヒートアップしていきます。
トリック系ライダーやBMXが多い中、決勝1回戦の注目のカードは、Courio-City/JAG対Cyclex/KMSNのメッセンジャー対決。前半JAGがリードするも後半に一気に捲られ敢え無く敗退。そんな中、孤軍奮闘しベスト16まで駒を進めたのは、ちかっぱでした。準々決勝、準決勝、決勝と進むに連れ、全体を見渡せる小さなコースでのスピード感と激しいクラッシュで、観客とライダーはMINI DROMEの熱狂の渦に飲み込まれていきました。そして、激闘の末の決勝戦はBMXライダーのスースー選手VSピストトリック系ライダーのMARCO選手。ここまで来ると数時間前に初めて目にしたコースを走っているとは思えないほどのハイレベル且つハイスピードな名勝負でした。結果は、MARCO選手の転倒により、スースー選手の優勝。予選ではトップタイムを叩きだし、最後まで安定した戦いで優勝まで登りつめました。

ピスト・トラックバイク・フィックスドギアなど呼び方は様々で、トリックをしたり、街中を走ったり、競輪場を走ったりと様々ですが、誰もが初めて経験する場で脚力に自信がある人も、テクニカルなコースが得意な人も平等に戦えるそんな空間だったと思います。また参加者・観客共に日本で初めて開催される未知の場に立会い、どんなことが起きるだろうというドキドキと期待感が会場を埋め尽くしていて非常に良い雰囲気でした。

世間では色々と問題になったりすることの多いピストバイクですが、改めて楽しさを再認識出来た素晴らしいイベントでした。