150年前の1859年に横浜の港は開港しました。 今年は横浜開港150周年記念で、開港博Y150という催しが、4/28~9/27までベイエリアを中心とした横浜市内の各地で行われています。

そんな“横浜”の開港博Y150に便乗して、自転車で横浜の街を楽しもう!という小さな自転車イベントを開催しました。
題して「開港150周年記念たねまるRIDE&PICNIC」
(もちろんY150非公認です…) 
イベントの内容は、Y150で配布されている"たねまるスタンプラリー"(※1)を使用し横浜ベイエリアでのスタンプラリー、横浜美術館から岸根公園までのグループライドと、公園の広場でピクニックの3本立て!

※1 たねまる:Y150開港博の公式キャラクター

HOME > ARTICLE > たねまる Ride & Picnic

快晴の山下公園に、自慢の愛車で続々と集合し、ロードバイク・マウンテンバイク・ピスト・小径車・トールバイク・カーゴバイクなどなど様々な顔ぶれの自転車達が集結して、スタンプラリー開始!

スタンプラリーは、横浜ベイエリアの観光名所など約20ヶ所程度に設置されているスタンプ台から好きな5ヶ所を選んで1~2時間程度走ってスタンプを集めます。速く走っても遠くへ走ってもあまり関係ありません。観光しながらゆっくり横浜巡りをする設定です。

スタートから1~2時間後に横浜美術館前に再集合し少し人数も追加され、グループライドで岸根公園へ出発。
横浜美術館→ベイクウォーター→青木橋→東神奈川スケートリンク→六角橋→岸根公園というルートで、約5km程度の道のりを30分程度かけてゆっくりとしたライド。

岸根公園からの参加者と合流し、レジャーシートを敷いて、各自持ち寄りのお弁当や自慢の料理を広げピクニック開始。

 今回の目玉BIKEのジューサー付き自転車(※2)でミックスジュースを作ったり、持ってきたおかずを交換したり、子連れでの参加が多かったのもあり、とてもアットホームな雰囲気でした。

※2 XtracycleFIG BIKEから借りました。)の後輪に、ジューサー(こちらはMOTOCROSS INTERNATIONALから借りました。)が付いていて、走るとミキサーが回る仕組みです。ママチャリ付属のライトと同じような要領です。

そしてスタンプラリーのポイント発表。参加者がそれぞれ賞品を一つ持ってきて、プレゼント交換のように参加者全員に行き渡る仕組です。ポイントはくじびきで各場所に点数を付け合計点を競うので、必要なのは速さではなく運なんです…。

 賞品の目玉は、製作者本人から提供のCosset- Bagsのトート形メッセンジャーバッグ、ハイカロリーオトメの反物の他、NITTOのハンドルやデュラエースのトラックハブなどの自転車パーツ、その他豪華賞品満載でした。

その後、残った賞品をかけて、自転車を使ってゲームスタート。椅子取りゲームの要領で円状に並べたペットボトルの回りを走り、音楽が止まったら自転車から降りずに拾い上げます。勝者には賞品を、敗者にはジューサー付き自転車で作った野菜ジュースを…。

 こんな調子で終始のんびりとしたイベントでしたが、晴天と参加者のゆるい空気のおかげで良い企画になりました。 好評につき第二回目の開催も企画中です。
どなたでも歓迎ですので、ぜひお誘い合わせの上、ご参加下さい。