HOME > ARTICLE > MSGR Holic

雨の日も晴れの日も、雪が降っても雷が鳴っても、日々クライアントの荷物を1分1秒でも早く届ける為に、自転車で街を走りつづけるメッセンジャー。
そのメッセンジャー達から生まれたイベント「Kyoto LOCO」を題材に、メッセンジャーイベントの面白さを存分に伝えてくれる作品です。

2004年のKyoto LOCOは、海外のメッセンジャーも多数参加し、総勢400人が参加する国内最大級のメッセンジャーイベントとなりました。
日本におけるピストやメッセンジャーシーンを映像化した先駆的作品でもあります。
イベントで行われる各競技の解説を織り交ぜながら、疾走感溢れる走行シーンや、スキッドやトラックスタンド等の技を競い合うシーン、そして熱狂と興奮。
これまで見ることが出来なかったメッセンジャーのリアルな姿がそこに収められています。

プロデューサーの87犬より
この作品の構想が2003年、撮影・編集が2004年、発売が2005年と、2年半もの時間が経ってしまいましたが、伝えたかったことはシンプルで、見終わった時に『メッセンジャーって、何かいいなぁ』と思ってもらうことでした。
見た人が、自分もメッセンジャーをやってみようかな、と思ってもらえたら何よりです。
そもそも作ろうと思ったきっかけは、Bicycle Film Festival(=BFF)というイベントがアメリカにあるのを知り、そこに出品してみたいという思いから、『日本のメッセンジャーシーンの今を形にしよう』と。

2005年に晴れてBFFで上映され、後に某飲料会社のCMにこの作品に登場する半田氏が起用されるきっかけとなり、また07年にアメリカで制作された自転車系の素晴らしい作品を作った監督から、『ホリックを見て大いに刺激を受けて自分も撮ろうと思った』と伝えられ、色々と大変でしたがリリースして良かったと思いました。
リメイク版は英語字幕や音声解説も増えましたので、一層楽しんでいただけると思います。

DIRECTOR

Daisuke To

Photographer

Atsushi Onda, Daisuke Tou, Yuichi Higeta, Kazuma Aizawa

Producer

Yanaken, Yasuyuki Kurohara

製作/企画

Courio-City, TANEOMI

協力

京都メッセンジャーKAZE,Kyoto LOCO実行委員会

DURATION

リメイク版 100min.